学校での検診の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

過去の情報一覧

学校で受ける健康診断

学校では、新学期を迎える度に健康診断が実施されます。保健法に健康診断についての規定があり、それに基づいて実施されるのです。高校を例に取りますと、主に実施する項目は体重、身長などの身体計測や、視力、聴力検査、歯科検診、内科問診、尿検査などです。新入生に関しては、それに加えてレントゲン撮影、心電図検査を行い、結核の集団感染予防、また体育などの運動の適性をチェックします。また、血圧測定を実施する場合もあります。尿検査やレントゲン、心電図などで結果に異常が出た場合は、二次検査を行い、それでも異常が出た場合は医療機関でのさらに詳しい検査の受診が学校から勧告されます。

校内に於ける健康診断

学校では新入生を迎えての四月には健康診断が一日かけて行われます。児童・生徒たちは健康診断カードを持って、体重、身長、視力、心電図、そして歯医者さんによる歯の検診などを受けます。特に、目の検診、歯の検診は近視予防、虫歯予防のために大いに役に立ちます。レントゲンに関しては、放射線を浴びることから異論もありますが、集団生活の場では結核の感染者を最小にするためにはやむを得ないでしょう。学校がこのような検診を行ってくれなければ、各家庭では一年に一度定期的にこのような検診をさせることは難しいです。身体検査は有難いですね。

© Copyright 学校の健康診断の有り難み. All rights reserved.