学校での検診の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学校図書館とその役割

新着情報

学校の図書館が担う役割

学校の図書館は、教育のためには欠かせない設備として、すべての小中高までまんべんなく設置されています。設置場所については、校舎の中に大きな部屋を設けて設置している場合もあれば、独立した設備としてある場合もあります。また、生徒や教師の希望によって、新たな本を注文して入れることもできる仕組みがある学校もあり、学生の学力向上や知的好奇心の増進に役立っています。また、図書館には専門的職務として司書教諭が置かれており、専門教育として重要な役割を担っています。大学では、一般的に独立した大きな設備として設置している場合が多く、その蔵書は一般的にも注目を集めることが多く、一般開放しているところもあります。

校内図書館の役割について

昭和28年施行された学校図書館法によれば、書籍、視聴覚教育の資料を収集し、整理保存して、生徒、教員に利用してもらう為の設備、とされています。そのため小、中、高校には必須とされる施設で、設置者はその整備、運営、充実に務めなければなりません。その専門的な職務のため、学校に司書資格を持つ司書教諭を置く必要があるとされています。ゲームやテレビに子供の時間が多く割かれるようになり、大人と同じように子供の活字離れが深刻化しています。文部科学省では「子供の読書サポーターズ会議」や「子ども読書の街」活動を立ち上げて、子供の読む、調べる習慣の確立を図っています。

© Copyright 学校の健康診断の有り難み. All rights reserved.