学校での検診の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 学校で理学療法士になる

新着情報

過去の情報一覧

理学療法士になる学校

理学療法士の学校を卒業された方は病院などでリハビリテーションを受けるときには必ずといっていいほどおられます。仕事は生活して行くときに必要な基本動作を回復、改善させていくための運動療法や、物理療法(患部を温めたり冷やしたり、電気で刺激を与えたり)をします。病気や怪我のあと、患者と共に頑張って貰える頼もしい存在です。理学療法士になる時は国家試験に合格しなくてはなりません。その受験資格を得るためには理学療法の養成課程がある、大学校、短大、専門学校で3年以上学び所定の課程を修了している必要があるのです。

専門学校は就職に有利

多くの人が高校を卒業してから、普通の大学や短期大学に就職しています。普通の大学や短期大学を選ぶ人の中には何の目的もなく、ただ入学しただけだという人が大半です。しかし、専門学校を卒業した生徒たちは、それぞれになりたい姿があり、自身の夢や目標に向かって一生懸命頑張っています。企業の中に何事にも諦めない強いモチベーションと専門的な高い技術を求めて、専門学校を卒業した生徒たちを望んでいるからでしょう。なので、就職しても、目標がない人と比べれば、彼らのほうが圧倒的に有利だと言えます。

© Copyright 学校の健康診断の有り難み. All rights reserved.