学校での検診の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 働きながら通信制高校へ

新着情報

過去の情報一覧

通信制高校という進路選択

中学校までは義務教育であるため、誰でも必ず中学校に入学して卒業する事ができます。しかし、それ以降の高校や大学に関しては義務教育ではありません。そのため家庭の事情などで高校に進学できない人もいます。しかし高校を卒業していないと、就職などで困る場合も多いです。そういう状況にある人は通信制高校に進学するという進路選択があります。働きながらでも大丈夫なため、学費の心配はなくなります。そして通信制高校を卒業すると通常の高校卒業者と同様に扱われます。

私立の通信制高校はサポート充実

通信制高校に通う人は、金銭的に全日制の高校に通うことができずに、働きながら通う人もいれば、全日制でいじめを受けて登校拒否になってしまった人、病気が理由で毎日学校に通うことができない人など様々です。そのため、私立の通信制高校では、相談に乗ってもらえるカウンセラーが常駐していたり、レポートなどがインターネットで提出が可能であったりと、サポートが充実しています。学校によっては資格取得や体験学習などを採り入れているところもありますので、卒業後にすぐに働きたいという人にとっても、大変有利な武器になります。

© Copyright 学校の健康診断の有り難み. All rights reserved.